2012年11月1日

佐藤養助商店さんふるさと企業大賞受賞

Filed under: 『 機 KIBIN 敏 』 — toshihide_muraoka @ 5:20 PM

佐藤養助商店(佐藤正明社長)さんが、ふるさと企業大賞を受賞されました。長年の新商品開発、地域貢献等々が高く評価されての受賞、心からお祝い申し上げます。以前、取材の際聞かせていただいたお話では、先代が襲名された当時は4名でのスタートだったそうです。

現在は、230名もの従業員を雇用し秋田県有数の企業として発展されています。さらに、クラシックロードやうどんエキスポ等々地域の観光や活性化に尽力されています。今後ますます地域の中心企業としてご活躍お願い申し上げます。秋田県の企業が次に続いていくことを期待しています。あらためて、ご受賞おめでとうございます。



※下記は、平成20年発行、機敏Vol.09で取材させていただいた記事です。

 

佐藤養助 漆蔵資料館

 商人地主のまちとして栄え、豪華な内蔵が残る横手市増田町本町の「漆蔵資料館」が観光客らの人気を呼んでいる。万延元(1860)年創業の佐藤養助商店(湯沢市稲庭町、佐藤正明社長)が同社の歴史、稲庭うどんに関する資料などを展示するため、平成17年4月にリニューアルオープンさせた。

 ■歴史の重要さを感じさせる漆蔵資料館

 漆蔵資料館は、江戸末期より8代続いた秋田の大地主・小泉五兵衛家の所蔵だったもの。約30年の歳月をかけたといわれ、建物全体が歴史の重厚さと感じさせる。大正ロマネスクの傑作といわれる階段、総漆塗りの光沢、蔵の中に造られた貴重な蔵茶室、数ミリの遊びしか許さないという精巧な蔵扉、深さ8メートルもある内井戸も保存されるなど目を見張るものばかり。後に佐藤養助商店が取得し、平成13年に資料館として開館した。「歴史と文化をゆっくり感じてもらい、文化情報の発信基地にしたい」と意気込んでいる。 

■内蔵で楽しむ創作懐石料理も

 漆蔵を中心にした三つの内蔵には資料館のほか、お食事処「養心庵」や喫茶「蔵」、それに土産物を販売する「くら蔵」がオープンした。それまで午後9時~午後5時だった無料見学時間を午後9時まで延長したことや、光り輝く内蔵の豪華な造り、工夫凝らした創作懐石料理などの食事メニューが人気の要因になっているようだ。
 内蔵の2階の「養心庵」では、稲庭うどんと旬の食材の料理が食べられる。8点の豪華な料理が並ぶ創作懐石(3000円)や稲庭うどんがセットになった比内地鶏のだまこ鍋(1200円)、比内地鶏の親子丼(1300円)が人気だ。冷麺、温麺など本場の味が楽しめるので、若者や家族連れも多く訪れている。また喫茶「蔵」は創作デザートに舌鼓を打ちながら、若者たちの楽しい語らいの場となっている。お土産処「くら蔵」には佐藤養助の稲庭干饂飩はもちろんのこと、うどんを彩る器や漬物など、古里の香りが懐かしい名物品がずらりと並ぶ。

■佐藤家に伝わる500点余りの貴重な資料を展示

  空間まるごと漆塗りの芸術品といわれるほど、贅を尽くした資料館に展示しているのは、明治初期、宮内省から稲庭うどんの注文があったことを証明する納品書の控えや、佐藤家に伝わる掛軸など約500点。蔵の保存活用の可能性を模索した『まちおこし事業』は大成功。資料館兼レストランの漆蔵が大きな役を果たした。これからも毎年11月3日の「蔵の日」に、まちの蔵は一般に公開されることになっている。
 多くの見物客を感動させ、改めて美しい和空間としての蔵の魅力を発揮し、久しぶりに蔵が立ち並ぶ『くらしっくロード』は活気を呼んだ。


◎蔵の日

 漆蔵資料館が起爆剤となり、平成18年11月3日に「蔵の日」が定められた。増田十文字商工会などの呼び掛けで、蔵の所有者など29人で蔵の会が組織され、同会主催で、漆資料館などのほか普段、漆資料館などのほか普段、未公開の7棟を含む10の蔵が今回初めて一般公開された。

佐藤養助 漆蔵資料館
秋田県横手市増田町増田字本町5番地
TEL:0182-45-5430
http://www.sato-yosuke.co.jp


2008年5月20日

機敏取材!

Filed under: 『 機 KIBIN 敏 』 — toshihide_muraoka @ 6:15 PM





本日は、ネイガープロジェクト主催の海老名さん・サーファーでショットバー経営の安保さんのお二人に機敏取材で話を伺いました。
海老名さんは、小さい頃から正義の味方に憧れ、安保さんは、小さい頃から海・自然に憧れていました。二人の話に共通しているのは、地元を元気にしたい思いです。
とても興味深い話に時間をオーバーして話させていただきました。
次号の機敏に掲載致しまので、楽しみに待っていてください。


2008年5月11日

新・農ビジネス

Filed under: 『 機 KIBIN 敏 』 — toshihide_muraoka @ 5:22 PM


機敏の取材として横手市雄物川町の齋藤育苗園さんに伺いました。

齋藤育苗園さんは、30年来、花や野菜の育苗を生産し、販売ルートを自社で開拓、お客様への提案型セールスで規模を拡大しています。
そのビジネス理念には、品質の良い商品づくりとお客様の要望に応える対応力が根付いた素晴らしい経営ビジョンがありました。
「これも全て助けてくれるパートナーとスタッフのおかげです。」と話す代表の齋藤寅男さんの目からは、作るだけの農業ではなくビジネスとしての農業の核心を見ることができました。
「農業は下りのエスカレーターと同じ。ちゃんと足を動かさないと下がっていってしまう。常に走らなくてもいいから、じっくり歩いて行くことが大切」と話された言葉には全てに通ずる人生観を感じました。
齋藤さんとふれあい、秋田の農業はまだまだ頑張れる!と確信し、自分もじっくり歩いて行こうと改めて実感しました。
詳しくは次号の機敏でお伝えします。お楽しみに!


2008年2月24日

機敏13号配布中!

Filed under: 『 機 KIBIN 敏 』 — toshihide_muraoka @ 5:26 PM

今回の機敏では、大人の社会見学を企画しました。秋田の情熱企業を取り上げ特集しておりますので是非お読みください。
世界の最新鋭旅客機の製造に秋田生まれの技術が活かされているのをご存知でしょうか。それは、13号機敏に掲載させていただきました㈱三栄機械さんです。常に時代の一歩先を読み、先手を打って、必要があれば積極的に設備投資もしていく。どんな大きなプロジェクトにも対応していく。そんな夢のある挑戦をしている企業が秋田にある。大変うれしいことで将来への期待が膨らんできます。秋田には、日本・世界に競争できる企業や農産物がたくさんあります。これからも機敏取材を通じてご紹介していきます。現在、多くの人の協力を得て配布中です。よろしくお願いいたします。


2007年11月8日

機敏Vol.12 御礼と訂正

Filed under: 『 機 KIBIN 敏 』 — toshihide_muraoka @ 1:05 PM

現在、機敏vol.12を皆さんと一緒に配布をしています。たくさんのご意見や取材の申し込みなどもあり、大変ありがとうございます。
今後とも、充実した紙面にするために皆さんのご協力をお願いいたします。

※さて、機敏Vol.12で、校正の間違いがあり申し訳ございませんでした。読者の方 よりのご指摘本当にありがとうございました。
 【訂正箇所】
  5ページ「鷹嶋ばら園」さんの記事の中に、「国道180号」とありますが、正   しくは「国道108号」です。
  16ページ「編集後記」の中で、明石康氏国際支援活動とありますが、明石康氏  と国際支援活動となります。
  同じく16ページ「プレゼントコーナー」、ご希望の書名とありますが、正しく  は、品名となります。

以上、3点訂正しお詫び申し上げます。

今後、しっかりと見直し、間違いのないように気をつけますので今後ともよろしくお願いいたします。


次ページへ »

Copyright(C) MURAOKA TOSHIHIDE All Rights Reserved.