2010年8月26日

東京出張

Filed under: 活動報告 — toshihide_muraoka @ 3:11 PM

人生で初めて東京大学赤門の中に入りました。


この6年間、秋田をくまなく回り、地域の実情をつぶさに見て聞いてまいりました。しかしながら、各分野の専門知識を学ぶ時間が不足しておりました。この際?各専門分野をもう一度学びたいと考えております。まず第一回は、以前から、親しくしていただいている先生にお願いし、社会福祉政策を学ばせていただきました。今後も東京出張の際、1ヵ月に一度位の割合で、各分野専門の先生から学んでいきます。好きなお酒を控え、机に向かい一から勉強を頑張って参ります。



ついに、民主党の権力闘争が表面化して参りました。親小沢か脱小沢か、いつまで続く構図なのでしょうか。政策・理念が違う政治家が、同じ党内に存在していることが混迷の原因です。二大政党制は、日本の政治の安定・政策論争そして、政権交代が可能とすることにより、日本の活力を復活することが目的だったはずです。


しかしながら、民主党混乱・自民党低迷をみていると全く逆の方向に進んでいます。もう一度、政策理念で一致する政治家が、政党を立ち上げるパワーを持たなければ日本の政治は立ち直る機会を失うように思います。いずれ政界再編は、必死なのではないでしょうか。少なくとも、民主党代表選に期待することは、政策論争で戦ってほしいものです。


 


1件のコメント »

  1. Unknown
    この本はおもしろいかもしれません。
    『自民党長期政権の政治経済学』
    http://www.amazon.co.jp/dp/4326301902/
    著者は山形出身で衆議院議員経験者だそうです。

    Comment by 歩行者 — 2010年11月2日 @ 3:18 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

Copyright(C) MURAOKA TOSHIHIDE All Rights Reserved.